Top >  Microsoft Windows Vista >  Microsoft Windows Vistaとは

Microsoft Windows Vistaとは

Microsoft Windows Vista

Windows XPの後継オペレーティングシステム (OS)として開発された基本ソフトが、Microsoft Windows Vista(マイクロソフト ウィンドウズ ビスタ)である。直感的な操作性を実現するために5年の歳月を掛け開発された。操作性は初心者にも分かりやすく工夫されている。一般家庭向けや企業向けなどに機能の異なるエディション(種類)が8つ用意され、2007年1月30日に全世界で一斉に発売された。マイクロソフトの次世代のオペレーティングシステム (OS) である。

マイクロソフトはWindows 2000以前、4年というサイクルでOSのメジャーバージョンアップを実施していた。しかし、様々な事情によりXPリリースから過去例を見ない期間OSの新バージョンをリリースできなかった。このために「Vista」には多くの新機能を盛り込む必要があった。だが幾度もの延期が続いた末に幾つかの機能は搭載を見送られた。機能アップ及び変更の多くは信頼性とセキュリティの向上に関する変更である。「Vista」 という名称はイタリア語で「眺望」という意味を持ち、マイクロソフトによると「混乱を解消し、あふれる情報を整理し、未来を垣間見せる」という意味らしい。


VISTAになったことで、一番の改良点は、ユーザーインターフェースだろう。Windows Aero 「エアロ」と発音する。3Dグラフィックを使用し、透過ウィンドウ、フリップ3Dなどの視覚効果が可能に。 シェル スタートメニューが整理され、表示方法やフォルダウィンドウの操作性なども大幅に変更になった。 音声認識技術による音声での文字入力および音声でのパソコンの操作。タブレット機能としてペンの動きで簡単な操作を行う「フリック」が追加された。 また日本語環境も更に充実。セキュリティもパワーアップした。スパイウェア(悪意のあるソフトウェア)を検出・削除する機能の強化や 保護者による子供のパソコン利用規制機能 ドライブの暗号化など。


Windows Vistaは、合計8エディションのうち。日本では世界市場向けの5エディションが選択できる。Windows Vista Home Basic 家庭向け下位版。Windows XP Home Editionの後継製品。Windows Vista Home Premium 家庭向け上位版。Windows XP Media Center Editionの後継製品。Windows Vista Business ビジネス向け下位版。中小規模の企業ユーザー向け。この3エディションがメインだが、Windows Vista Enterprise ビジネス向け上位版。(ダウンロードのみ)とWindows Vista Ultimate 家庭向け・ビジネス向けの全機能を搭載した最上位版。Home Premium、Businessの機能に加え、ゲーム環境への統合機能が提供される豪華版も用意されている。


Microsoft Windows Vistaが発売されて間もない頃はそれなりに興味があるユーザーには購入されたが、売れ行きとしてはあまり良くない状態だったようだ。購入したのはヘビーユーザーが多く、一般的なユーザーにまでは広く購買されるまでには至っていないようである。その後売れ行き不振の影響かはわからないが、値下げされる予定であり今まで様子見していたユーザーの取り込みを狙っているのではないだろうか。新機能がたくさん搭載されているだけに問題点がないのであればあっという間に広まるのではないだろうか。既存のパソコンに搭載するには容量が足りないなどの人もいるようで、この点がどうなっていくのかが注目していきたところだ。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加  

トップページ  |  次の記事 Microsoft Windows Vistaについて考察  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://buzz7.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/129

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)