Top >  Microsoft Windows Vista >  Microsoft Windows Vistaについて考察

Microsoft Windows Vistaについて考察

Microsoft Windows Vista

待ちに待ったMicrosoft Windows Vista(マイクロソフト ウィンドウズ ビスタ)が、Windows XPの後継オペレーティングシステム (OS)として2007年1月30日に全世界で一斉に発売された。開発時のコードネームはLonghorn(ロングホーン)。ユーザーフレンドリーな操作性が更に進化、5年の歳月を掛け開発された。マイクロソフトの次世代のオペレーティングシステム (OS) である。機能の異なるエディション(種類)が8つ用意され、用途によって選択できる。

Windows Vistaは、当初2003年発売予定だった。それが2004年に延期になってから、幾度もの延期を重ねてさらに一部の新機能搭載を見送り、コンシューマ向けのリリースを2007年1月30日へと再延期し、ようやくリリースされた。今回は、Windows 2000以来の大きなバージョンアップである。バージョンアップの多くは信頼性とセキュリティの向上に関する変更である。「Vista」 という名称はイタリア語で「眺望」という意味を持つようだ。マイクロソフトによると「vista」には、「混乱を解消し、あふれる情報を整理し、未来を垣間見せる」という意味を込めたらしい。


新機能の特徴は、ユーザーインターフェースにある。Windows Aero (エアロ」と発音する)。3Dグラフィックを使用し、透過ウィンドウ、フリップ3Dなどの視覚効果が可能になった。 シェル、スタートメニューが整理され、表示方法やフォルダウィンドウの操作性などが変更になった。また音声認識技術の向上によって音声での文字入力および音声でのパソコンの操作が可能になった。 その他タブレット機能の追加。日本語環境の充実。セキュリティ機能の強化が盛り込まれた。特にスパイウェア(悪意のあるソフトウェア)を検出・削除する機能。 保護者による子供のパソコン利用規制機能。そしてドライブの暗号化まで可能になった。


Vistaになってエディションが8つに増えたが、日本で発売されるのは、世界市場向けの5エディションになる。またプロセッサの違いがあるため32bit版と64bit版の両方が提供される。Windows Vista Home Basic 家庭向け下位版。Windows XP Home Editionの後継製品。Windows Vista Home Premium 家庭向け上位版。Windows XP Media Center Editionの後継製品。Windows Vista Business ビジネス向け下位版。中小規模の企業ユーザー向け。Windows Vista Enterprise ビジネス向け上位版。Windows Vista Ultimate 家庭向け・ビジネス向けの全機能を搭載した最上位版。Home Premium、Businessの機能に加え、ゲーム環境への統合機能が提供される。


すでにMicrosoft Windows Vista(ビスタ)を利用している人などの声を聞いてみると、やはりインストールしたのはいいがPCが動かなくなってしまったなどの問題がでた人もいるようだ。搭載するパソコンのスペックも影響しているようで最低でも1G以上の容量が必要であるとはよく聞く話である。そして現在購入せずに様子を見ているユーザーは、しばらく期間が経てば大幅な値下げが行われるであろうという狙いの人もいるようだ。あまり売れ行きがよくないウィンドウズヴィスタのこれからの動向が気になるところではある。パソコンにあまり詳しくない人であれば現在のところは様子を見ていたほうが賢明かもしれないね。もちろん判断は個人に任せるが。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加  

 <  前の記事 Microsoft Windows Vistaとは  |  トップページ  |  次の記事 Microsoft Windows Vistaの機能性  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://buzz7.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/130

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)