Top >  スパイウェアの脅威 >  スパイウェアの対応策

スパイウェアの対応策

スパイウェア 対応策

スパイウェアとは、狭義にはユーザに関する情報を集めて記録し、更には集めた情報を予め設定された特定の情報収集者(企業や団体・個人等)に送信するソフトウェアのことです。一般には広義の定義で悪意のあるソフトウェアのことを指します。

さて、ウイルスとスパイウェアの違いは何でしょう?それはその目的にあります。ウイルスが、破壊活動をその最終目的としていることに対し、スパイウェアの目的は、経済活動にあります。つまり、いかにユーザに知られることなく、侵入し、いかに長くその経済活動を続けるかを目的としています。


パソコンを使用していて動作が不安定になったり、頻繁にエラーが発生する場合は、スパイウェアが侵入している可能性があります。また、目に見えて分かる症状として、タスクバーのトレイに知らないアイコンがある、知らないポップアップ広告が表示されるなどです。


スパイウェアを防ぐ方法として、スパイウェア対策ソフトを導入するのが効果的です。そして常に定義ファイルの更新を行い最新の状態を保ちましょう。またOSなども最新のセキュリティパッチをインストールしておくように心がけるといいと思います。

ウイルスと違って秘密裏に活動するというのがスパイウェアは不気味な存在ですね。名前の通りそのままですよね。駆除するための無料のフリーウェアがありますのでダウンロードして対策をとっておくことをお勧めしますね。対策ソフトをパソコンに入れておくことでチェックもできますからね。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加  

 <  前の記事 スパイウェアの活動内容  |  トップページ  |  次の記事 スパイウェアを知る  >