Top >  メモリ増設 >  メモリとは

メモリとは

メモリとは

メモリとは、主記憶装置のことでCPUとやり取りをするデータを一時的に記憶しておく部品です。このメモリなどの働きを仕事に例えると、CPUが作業する人、メモリが机、ハードディスクが机のひき出しや本棚になります。要するに机が広い=メモリが多いとなり、机(メモリ)が大きいと作業効率が速いとされています。

それでは、メモリ増設することでどういった処理が向上するのでしょう。まず、電源を入れてから使える状態になるまでの時間が短縮されると思います。他にもソフトの起動速度アップや、画像処理などのデータ量が多い作業をするときに効果が一目瞭然です。


さて、実際にメモリを選ぶときのポイントですが、まず自分の持っているパソコンのメモリ形状や何メガまで増設できるかなどを確認しておきましょう。購入時には容量が同じでもディスクトップパソコンとノートパソコンでは形状が異なるので注意が必要です。


メモリを取り付ける際には非常に簡単な作業で済みます。初めての人でも説明書を見ながら作業するとすぐに取り付け完了します。メモリの容量が少ない方は是非増設してみるとよいでしょう。早くなりますからね。取り付け作業をする際にはきちんとパソコンの電源を抜いてから作業はおこなってくださいね。メモリは大きいほうがなにかと便利ですよ。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加  

 <  前の記事 運営者情報  |  トップページ  |  次の記事 メモリ増設の際の注意点  >