Top >  パソコンのバックアップ >  パソコンのバックアップとは

パソコンのバックアップとは

バックアップとは

パソコンのバックアップは、定期的に行っていますか?突然のハードディスクの故障やウイルスによってファイルが削除された、パソコンが起動しなくなったなどのトラブル時にバックアップデータが役に立ちます。バックアップした時点までの状態に戻すことができるからです。

データのバックアップをとるには、バックアップソフトを使用して、システムごとバックアップする方法と、個人的に作成したデータなどを個別にバックアップする方法があります。個々のデータのバックアップはファイルの複製を作るのと同じなので簡単に行えます。


パソコンには様々なデータが保存されているわけですが、最近ではメールも頻繁に利用しているということで重要なメールやアドレス帳のデータなどもバックアップしたほうがいいと思います。また、ブラウザのお気に入りなども簡単にバックアップできます。

最後にバックアップをするときの注意点ですが、データが入っているドライブ(Cドライブとか)にはしないということです。同じドライブでは故障した場合、バックアップデータも消えてしまいますよね?できれば、別のドライブやMO、DVDにとることをお勧めします。


まだ自分のパソコンは大丈夫だと思ってバックアップを取らないでいるとデータがなくなったときのショックが大きいでしょう。油断してはいけません。特に頻繁にPCを利用していて仕事にも活用しているような人であれば、データはものすごく大切のものもあると思います。これが一瞬で消えると思うと恐ろしいですね。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加  

 <  前の記事 Microsoft Windows Vistaの機能性  |  トップページ  |  次の記事 パソコンのバックアップの重要性  >