Top >  パソコンのバックアップ >  パソコンのバックアップの重要性

パソコンのバックアップの重要性

バックアップの重要性

パソコンを使用していて、本体内部から「カラカラ」などと異音が聞こえてきたら、ハードディスクの故障かもしれません。もし故障したとなると、今まで作ったデータが一瞬でなくなってしまいます。そういった突然のトラブルにあってもいいようにバックアップは重要になります。

バックアップは定期的に行わないと意味がありません。バックアップの期間が延びれば延びるほど過去のデータにしか戻せなくなるからです。システムはもう一度設定しなおせば元に戻りますが、自分で作成したデータなどはそう簡単にはいきませんからデータのバックアップは重要です。


個人的なデータとは、文書データ(ワードやエクセルデータ)や画像や動画データなどのことです。また、インターネットを使っている人は、ブラウザのお気に入りとか、メールやアドレス帳も消えると困りますよね?もちろんこれらも簡単にバックアップすることができます。


最後に、バックアップするデータはどこに保存すればよいのかということで、データ量にもよりますが、外部メディア(CD、DVD、MO)などがお勧めです。別のハードディスドライブや外付けでも良いのですが、ハードディスクは意外と壊れやすいというリスクがあります。

パソコンのデータをバックアップすることができるサービスもあります。データを別のところに保存しておけるのです。月額300円前後で行っているところもありますので、全てウェブで完結したい方であればそのようなサービスを利用することをお勧めします。予め先のことを考えて対策をとっておきましょうね。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加  

 <  前の記事 パソコンのバックアップとは  |  トップページ  |  次の記事 データのバックアップのポイント  >