Top >  スクリーンセーバー >  スクリーンセーバーの仕組み

スクリーンセーバーの仕組み

Microsoft Windows Vista

スクリーンセーバーはパソコンなどのディスプレイにおいて、長時間使用されていない状態(アイドリング状態)が続いた場合に、画面にアニメーションや画像をスライド形式で表示させるユーティリティソフトウェアのことです。Windowsに標準機能で付属しています。

この機能の目的は知っていますか?スクリーンセーバーは、CRTディスプレイなどで、長時間同じ画面を表示していると、その模様が画面に焼きついてしまう現象を防ぐために作られました。今はCRTの性能アップや焼きつきにくい液晶ディスプレが主流になってきて、ちょっとした癒しなどの目的で使用されるようになりました。


では、どんなスクリーンセーバーがあるのでしょう。Windows標準では、フライングWindowsや宇宙飛行、フラワーなど付属しています。そのほかにも、インターネットなどで無料で配布しているサイトもありますのでそこからダウンロードして入手することができます。


ダウンロードで入手できるもので人気があるスクリーンセーバーは、やはりタンレント物のスクリーンセーバーや映画やアニメなどのものが多いようです。入手先は無料のスクリーンセーバーダウンロードサイトやそれぞれのタレントや映画のサイト、各メーカーのサイトなどで入手することができますので、いろいろ探してみてください。


RSS関連リンク
ビジョナリーピープル ければどうにもできないことが多いのも事実。考えれば考えるほど、この3つはどれもmustだと納得。ということで、ライスのこの言葉を忘れないようにさっそく会社のスクリーンセーバーに設定しました。パソコンを10分操作しないとその都度パソコンが私にハッパをかけ

 


このエントリーをはてなブックマークに追加  

 <  前の記事 スクリーンセーバーとは  |  トップページ  |  次の記事 スクリーンセーバーを使用する  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://buzz7.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/162

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)