Top >  圧縮解凍ソフト >  圧縮・解凍とは

圧縮・解凍とは

圧縮・解凍とは

コンピュータ用語でファイルのデータ容量を、データ内容を変えずに小さくすることを圧縮といい、逆に圧縮されたファイルを元に戻すことを解凍といいます。圧縮の目的は、データ量を小さくすることで、ネットワークの送受信時間の短縮や記憶領域の削減ができます。よくインターネット上のフリーソフトなどは圧縮ファイルになっています。

では、ファイルを圧縮する形式はいろいろあるのですが次の2つの形式が主に使われています。1つ目が「ZIP形式」で、世界的にも普及している形式で、WindowsXPでは標準で解凍機能が付いています。2つ目は、日本で開発された「LZH形式」です。解凍ソフトを選ぶ場合、どの圧縮形式に対応しているか確認の必要があります。


解凍ソフトの入手方法は、主にインターネットからダウンロードしてくる方法を使います。どこからダウンロードしてくるかというと、ダウンロードの総合サイトのベクターや窓の杜からダウンロードできます。解凍専用のソフトと圧縮もできるソフトまで数多く登録されています。またパソコン情報誌の付録などにも入っている場合もあります。


実際に圧縮・解凍ソフトを使ったことが無い人であっても、これらの作業の名前を聞いたことがある人はいるでしょう。それぐらいよく利用するものです。インターネットでネットサーフィンのみを行うのであれば使用することも少ないかもしれませんが、パソコンを利用頻度が多くなればなるほど使うことになることでしょう。便利なものなので是非利用してみてください。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加  

 <  前の記事 圧縮や解凍ソフトの使い方  |  トップページ  |  次の記事 ウイルスの基本知識について  >