Top >  圧縮解凍ソフト >  圧縮や解凍ソフトの使い方

圧縮や解凍ソフトの使い方

圧縮 解凍ソフト 使い方

インターネットなどを通じてファイルを送受信する場合には、大きいファイルよりも小さいファイルのほうが転送する際に負荷がかかりません。そのため、フリーソフトなどは、圧縮した状態で公開されています。圧縮とはファイルの容量を小さくすることで、圧縮ファイルを元の状態に戻すことを解凍といいます。

ファイルの圧縮には、いくつも形式があります。ファイルを解凍するためには圧縮に使われた形式に対応したソフトを使う必要があります。圧縮の形式の代表は、「ZIP形式」で、これは世界的に普及している圧縮形式です。また日本では「LZH形式」という日本で開発された形式もよく使用されています。


こういった解凍ソフトはどこで入手できるかというと、インターネットかパソコン関連の雑誌の付録などから入手することができます。インターネットではベクターや窓の杜といった総合ダウンロードサイトに多数登録されています。ソフトも解凍専用ソフトと、圧縮・解凍できる高機能なものまであります。

一般的に広く使用されている圧縮・解凍ソフトは「Lhasa」や「+Lhaca」などがよく利用されています。ベクターなどで検索してみてください。すぐに見つかります。このように便利なソフトが無料で配布されているのは素晴らしいことですね。無料であっても充分に利用頻度が高いです。圧縮作業や解凍作業はパソコンを使っていれば必要となってくる作業ですからね。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加  

 <  前の記事 人気圧縮解凍ソフト  |  トップページ  |  次の記事 圧縮・解凍とは  >