Top >  ウイルス基礎知識 >  コンピュータウイルスの種類

コンピュータウイルスの種類

ウイルスの種類

コンピュータウイルスとは、プログラムやファイルに対して意図的に何らかの被害を及ぼすように作られた悪意のあるプログラムのことで、自己伝染機能、潜伏機能、発病機能のいずれかの機能をもっているやっかいものです。

ウイルスの種類には、感染活動は行わず破壊活動(発病)のみを行う「トロイの木馬」、感染対象ファイルを必要とせず、自己増殖によって感染を広げる「ワーム」と呼ばれる不正プログラムがあります。最近ではこの2つの機能を合わせた複合型も登場しています。


コンピュータがウイルスに感染すると、動作が遅くなったり、ファイルが削除されたり、感染したウイルスがワームだったら、電子メールで勝手にアドレス帳にあるアドレスに自身のコピーを送ったりという事態が起こります。


ウイルス対策として、ウイルス対策ソフトを導入するのは一般的ですが、最新のウイルス定義ファイルに更新することも忘れてはなりません。また定期的にハードディスクのウイルスチェックを行うといいと思います。対策ソフトにウイルスチェックの予約をしておくと便利です。


ウイルスへの対策を頻繁に意識しておくことで大部分の問題が防げると思います。あとはスパイウェアの存在もありますね。スパイウェアの対策もきちんと行っておいたほうが良いでしょう。これは、普通にネットサーフィンを行っているだけでも感染しやすいと言われていますから注意しておきましょう。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加  

 <  前の記事 ウイルスの基本知識について  |  トップページ  |  次の記事 最低限のウイルスの対策法  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://buzz7.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/137

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)