Top >  ハードディスク >  外付けハードディスクが必要なワケ

外付けハードディスクが必要なワケ

HDDのことをハードディスクと呼びますが、
パソコンを利用していると容量が不足してくることがあります。


ハードディスク(HDD)というのはPCの中では一番クラッシュしやすい部位ですので
長期間利用しているとハードディスク(HDD)から壊れることが多いです。


当然ながら、壊れてしまうとデータを読み込めなくなりますので
予めHDDのバックアップをとっておくようにしなければいけません。

かといっても、いつ壊れるかわからないのに前もってバックアップを取っておく人は少ないです。
しかも壊れた経験が無い人は尚更ですね。

しかし、一度壊れて痛い思いをした人はしっかりと注意しているものでもあります(笑


HDDをバックアップするには簡単な方法として、
外付けハードディスクをもう一台用意することです。
外付けは他にも容量を増やす為の目的としても使用できるので便利なものです。


外付けHDDの選び方としては、必要な容量を決めることから始めましょう。
パソコンを使用する主な目的はわかっていると大抵わかります。

仕事で使用するのか、インターネットやメールをするだけなのかでも変わってきます。

幾つか例を挙げておきますと、
文章作成などの、容量を食わないデータであれば100GB程度で十分だと思います。
動画などの大容量のファイルを保存、編集するのなら300GB前後は必要となりますね。

当然、商品価格が安価なものは容量が少なくなりますし、
逆に性能が良い物は高価になっていきます。

HDDに掛けられる予算や必要な容量から大体の選択肢が決まってくると思いますので
「バッファロー」「IODATA」「ロジテック」などの大手メーカーから
選んでおくだけでも失敗はしないでしょう。


また、御自分のパソコンのメーカーや型番と
販売されているHDDとの相性や取り付け方法など
店員さんに聞いておくと購入後もスムーズに作業が進むと思います。

外付けはいろんな用途に使えるので是非使用を検討してみるといいと思います。


 


このエントリーをはてなブックマークに追加  

 <  前の記事 最低限のウイルスの対策法  |  トップページ  |  次の記事 HDDを探すポイントとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://buzz7.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/30234

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)