Top >  ハードディスク >  HDDを探すポイントとは

HDDを探すポイントとは

HDDを探すポイントを紹介していきましょう。

目的によって見ていく部分は違ってきますが、基本的なことは大抵同じだと思いますからね。

なんといっても、まずはHDDの容量のチェックからです。

HDDの容量は1TB(テラバイト)を超えるものも発売されており、かなりのものとなっています。

しかし、容量が大きくなればなるほど値段も高くなります。

一般の人がPCを利用するにあたって、
必要な範囲は動画を使用するにしても200~300GBで十分だと思います。

次にチェックするポイントとしては転送速度になりますが、
接続インターフェイスによっても随分と変わってきます。

現在の主流の規格は、SATA、USB、IEEE1394です。

USB2.0とIEEE1394では、ほぼ速度は変わりませんが
USBは多くのPCにポートが付いているのでUSBを利用するので十分でしょう。

しかし古いタイプのPCは、USBが2.0ではなく1.1の場合もあるので
この場合は速度が遅くなってしまいます。

ケーブルを別途取り付けするのであれば、
SATAを利用するのが外付けHDDの書き込み速度を活かすでしょう。

転送速度を比べてみても、USB2.0よりも断然速くなっています。


速さばかりを追求してもしかたがありませんが、
よっぽど大量の容量の転送を求めない限りはUSB対応商品で良いと思います。

次に着目するポイントとして、バックアップ機能になります。

バックアップがメイン目的でHDDを購入するのであれば、やはりRAID対応の製品でしょう。

あくまでも、最新のデータを残したいのならという場合になりますがね。


それに加えてまめにバックアップを取っておくといいでしょう。

外付けHDDを購入すると、便利な付属ソフトがたくさん付いてきます。
特に、HDDを長持ちさせる点として冷却することには注意を払っておきましょうね。

熱でやられてしまうなど、よく聞く話だろうと思います。


このように、HDDを購入する際に最低限注意しておいたほうが良いポイントを述べてきましたが
容量が多いのがいいのか、長持ちするのがいいのかなど

目的によって選ぶ製品も変わってきますので
PCに詳しい知識を持っている友人に聞いてみたり、ショップ店員に聞いてみたりと
たくさんの情報を集めてから選ぶようにするといいでしょう。


インターネットでの検索も十分役に立つ情報が落ちていることだと思います。


 


このエントリーをはてなブックマークに追加  

 <  前の記事 外付けハードディスクが必要なワケ  |  トップページ  |  次の記事 ハードディスクの修復はソフトや業者の利用を  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://buzz7.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/30236

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)