Top >  ハードディスク >  ハードディスクの修復はソフトや業者の利用を

ハードディスクの修復はソフトや業者の利用を

ハードディスクの寿命というのは大体5年ぐらいです。

ですのでパソコンを買い換える期間も長くて5年ぐらいで変えましょうといわれているわけです。

もちろん頻繁に使用する人は半年~1年ぐらいで買い替えする人も多いでしょう。


PCの中でもクラッシュしやすいハードディスクですが、そのための対処法を怠ってはいけません。

定期的にバックアップをとっておいたりしなければ後で泣きをみることになります。

しかし、完全にバックアップできるものでもなく、
丁度保存したばかりの情報がバックアップされてないときに壊れてしまったなどはよくあることです。


そうした場合にはハードディスクの修復が必要となるのですが、
まず知っておいたほうがいいのが直るものではないということ。


じゃあなずハードディスクの修復業者があるのか?
こうした疑問がでてくると思います。もちろん修復できるものもあれば、
できないものもあるということなんですね。


ちなみにハードディスクの故障には、論理障害と物理障害の2種類があります。

論理障害のほうは、個人でも市販ソフトを利用することで修復することもできます。
しかし物理障害のほうは専用の機材が必要となることもあって、業者にお願いすることになります。


しかしこの業者選びが難しく、良い業者もいれば良くない業者もいるのが現状です。

もちろん良い業者にお願いしたからといっても確実に修復するとは言い切れないのですが、
費用が全然違ってくるのが特徴であったりします。

費用が高いところは機材などの設備が充実しているようですが、
高額なのであればPCを買い換えたほうが安上がりともいえます。

現在は安いパソコンがたくさんありますからね。

安ければ質が低いとはいえないのですが、
やはり安いなりの理由というものがあるので注意が必要となってきます。

やはり、知り合いに利用したことがある人がいれば聞くなど、
知り合いがいない人は口コミサイトを探すなどの情報収集が欠かせないと思います。


そして、修復後はハードディスクは壊れやすいといいますから、
新しいものに買い換えておくといいでしょう。


非常にデリケートなものであるということがわかってもらえたと思いますが、
こうした不慮の問題に備えるためにバックアップの必要性を
十分に覚えておくことが大切といえるでしょう。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加  

 <  前の記事 HDDを探すポイントとは  |  トップページ  |  次の記事 ハードディスクの交換方法と手順について  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://buzz7.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/30239

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)