Top >  ハードディスク >  ハードディスクの交換方法と手順について

ハードディスクの交換方法と手順について

ハードディスクの容量がなくなってきたら、交換する準備をしておきましょう。

他にも、なんだか調子が悪い、
いつもと違うなど異常が見られたら破損する予兆の可能性もあります。

メインのPCのハードディスクなら尚更注意してチェックしておかなければいけません。


容量が大きくなってくると、他の部分にもお金がかかることが多いですから
増設をした場合はそれをメインとして使ってみてもいいでしょう。

ハードディスクを交換しただけでは、起動しないのでOSを入れなければいけません。

OSの再インストールは非常に面倒な作業ですが、しなければいけません。

まず必要なのは(データを移動させるなら)古いディスクと交換する新しいディスク、
インストール用のOSのディスクです。

交換方法次第ではOSのディスクが必要なかったりしますが、
その方法が使えない場合もあるので、一般的な方法で進めていきます。

IDEタイプのハードディスクには、ジャンパーピンというものがあり、
それをマスター設定にすることでOSを入れて利用できます。

シリアルATAタイプなら必要ありません。

設定が済んだら古いディスクの位置に新しいディスクを入れ替えてしまいましょう。

データを移動させるのであれば古いディスクの設定をスレーブにして他の位置に取り付けます。
振動が故障の原因になるのでディスクはしっかりとねじで固定しましょう。

最後はケーブルをつけてマザーボードのコネクタにはめるだけですが、左右の向きに注意して下さい。

マザーボードにも「Primary」、「Secondary」とコネクタがあるので、「Primary」にはめましょう。

取り付けはこれで終了ですが、この後BIOSで設定が正しいかどうかを確認して、フォーマット、
インストールしてようやく交換が完了します。


こうした作業はなんといってもいいかげんにしてしまうと動作しないことや

不調が起こるなど問題がでてきます。

慣れればなんてことのない作業ですが、面倒なことには変わりないので、
説明書や専門サイトを見ながら慎重に作業していくといいでしょう。

他にも友人がパソコンに詳しければ、OSのインストールの経験がある場合は多いので

頼んでみるのもいいかもしれませんね。


 


このエントリーをはてなブックマークに追加  

 <  前の記事 ハードディスクの修復はソフトや業者の利用を  |  トップページ  |  次の記事 リンク集  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://buzz7.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/30240

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)