Top >  ハードディスク >  ハードディスクを増設する時の注意点

ハードディスクを増設する時の注意点

パソコンを長年使っていると、デジカメ画像や音楽やらが気づかないうちに
どんどんたまってきて、そのうち容量が足りなくなってきますよね。

これはパソコンをやる人ならほとんどの人が経験することだと思います。

ハードディスクの容量がいっぱいになってくると、色々と不便で困りますよね。

容量満タン間際になって慌てて不要なファイルを消しても、すぐにまたいっぱいになってしまう。

それの繰り返しでは、いずれ削除できるものがなくなってしまいますよね。
でも大丈夫ですよ、容量を増やす方法はちゃんとありますから。

そこで、どうやったら容量を増やせるのか分からない方の為に、
ハードディスクの増設についてお話したいと思います。


まず、新しく大容量のハードディスクを購入し、今のディスクと交換する方法があります。

けれど、ディスクの交換ってけっこう面倒くさい作業ですからあまりお勧めできません。

では、一体どうすれば良いのかと言いますと、今のディスクをそのままにして新しいディスクを
追加してしまえばいいんです。これを増設と言います。

こまめにバックアップをとりたい人でも安心ですからお勧めです。

しかしここで注意したいのが、増設できるハードディスク、
及びCD、DVDドライブ等の総数には限度があるということです。

はじめに、自分のパソコンの確認をしておきましょう。
その上で、内蔵、外付けを決定して下さい。


内蔵型は場所をとらない代わりに、ジャンパの設定などがあったり、
増設用の空きベイとサイズの合わない場合には取り付けられないといった欠点もあります。

次に外付けのハードディスクですが、
こちらは内蔵型の入らない小さなものやノートパソコンにも増設可能です。


が、こちらにも欠点があり、内蔵型と違い外に置かなければならないのでスペースが必要です。
また、専用のインターフェースがないパソコンには増設できなくなっています。

欠点を理解した上で、購入するようにして下さいね。

後は増設するディスクの容量を予め決めておきましょう。

色々とありますが、価格は1万~2万円あたりのものを購入すれば良いと思います。

やっぱりせっかくだから、大容量のハードディスクにしたいという方であれば、
1TB(テラバイト)以上のものもありますからそちらを購入して下さい。

購入後はハードディスクの取り付けをして完成です。

容量が増えるのって、部屋の掃除を完ぺきにやった後のようにすっきり気持ちが良いですよね。
後回しにしないで早めに済ませておくようにしましょう。


 


このエントリーをはてなブックマークに追加  

 <  前の記事 相互リンクの募集について  |  トップページ  |  次の記事 ハードディスクのパーティションの分割方法  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://buzz7.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/30242

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)