Top >  ハードディスク >  ハードディスクのパーティションの分割方法

ハードディスクのパーティションの分割方法

パソコン初心者の方にはパーティションと言っても何の事かわからないと思います。


直訳すると「仕切り」「分割」「分割された部分」という意味があります。

パソコンにおいてのパーティションとはハードディスクに対して使う言葉で
分割された領域という意味になります。

一つのハードディスクを二つ、三つに分割してしまうのです。

パソコン上級者の方はもう既に行っている方が多いかと思います。


パソコン購入時にもオプションで「パーティション分割」を選べる場合もあり、
最初に有料で行ってくれたりもします。


なぜそんな事をするのかというと理由はいろいろありますが、
ハードディスクが損失してデータが全て消えてしまったなんて経験をした人もいると思います。


そんな時、パーティション分割を行っていれば、
不具合が起こった領域以外には被害がいかず最小限の損失に抑えられます。


それから複数のOSをインストールする事もできますし、
また使い方によっては作業の効率もよくなります。


システム用のドライブとデータ保存用のドライブに分けることで、
バックアップやデフラグの時間短縮も可能です。


このように目的は様々ですが、分割するサイズを間違えてしまうと片方は満タン、
片方はがら空き、というような事にもなりかねません。


使用量の見積もりというのは意外と難しいものなので、
どういう目的で使うのかなどきちんと考えたうえで実行することが大切です。


肝心の分割の仕方ですが、ここではWindowsXPを例にあげて説明したいと思います。


まず「マイコンピュータ」を右クリックして「管理」を選択し、
コンピュータの管理画面から左側の「ディスクの管理」を選択します。


そこから未割り当ての領域を右クリックし、さらに「新しいパーティション」をクリックします。


すると新しいパーティションウィザードが起動するので
種類や容量などを選択しながら進んでいきます。


五つ以上に分割したい場合は「拡張パーティション」を選択しましょう。
分割が終了したらフォーマットを行ってようやく使用できるようになります。


この作業を行うにあたっての注意点はデータの入ったハードディスクのパーティションを
変更すると、そのディスクのデータは全て消えてしまいます。

消えて困るものは必ずバックアップをとってから実行するようにしましょう。


 


このエントリーをはてなブックマークに追加  

 <  前の記事 ハードディスクを増設する時の注意点  |  トップページ  |  次の記事 ポータブルハードディスクの平均価格  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://buzz7.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/30279

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)