Top >  ウイルス基礎知識 >  パソコンウイルスの症状とはどんなものか?

パソコンウイルスの症状とはどんなものか?

パソコンを使用している人にとって、何としても避けたいのが
今からお話しするパソコンウイルス(コンピューターウイルス)ではないでしょうか。

これらは、自分のプログラミングなどの知識を世界の人達に見せつけたいという思いを、
悪い方向に向けてしまった者たちによる悪質なプログラムです。


様々な悪影響をパソコンに及ぼし、例えばデータを壊したり、
起動できなくさせたりと、非常に厄介です。


では、どのようにしてパソコンウイルスは、私たちのパソコン内に侵入してくるのでしょうか。


それは、興味をひくような件名の電子メールに添付されていたり、
意図的に仕掛けを施されたホームページを見ることで、気付かない間に送り込まれます。


そして結果的には、ハードディスク内のデータを壊したり、プログラムを書き換えたり、
外部からコンピューターを勝手に操作できるようにしたりします。

他にも、システムを不安定にさせたりなどの症状をひき起こし、
最悪の場合にはパソコン自体を壊してしまうという悪質なものまであります。


大切な画像や資料を入れておいたハードディスク内のデータが壊されてしまっては、
本当にショックですよね。


しかも、相手はどこの誰だか分かりませんし、
恨みをかうような面識さえないわけですから、怒りのぶつけどころもありません。


パソコンウイルスの感染源として、次のようなものが考えられるので十分に注意して下さい。


メールのやりとり インターネット上からのファイルのダウンロードほかのコンピュータとの
データの共有 フラッシュメモリーやCD等でのデータのやりとり等 などです。


これらに注意することで、危険なパソコンウイルスからの感染を防ぐことが出来ます。


差出人不明な不信なメールは表示せず、怪しげな素性のわからないサイトも開かない、
などの方法で自分自身で守らなければいけません。


その中でも一番有効で確実な対策方法は、
最新のウイルス対策ソフトウェアを使用することです。

これをパソコンに入れておけば、悪質なウイルスからの感染を防ぐことができます。
ウイルスは常に進化し続けていっています。


いくら対抗するソフトウェアを作り出しても、
それを破る新たなウイルスがすぐに誰かの手によって作られ世界中にばら撒かれてしまいます。


その繰り返しで、まさにイタチごっこ状態です。


ですから、古いタイプのウイルス対策ソフトウェアではなく、
常に新しいデータに更新していくことが肝心です。


 


このエントリーをはてなブックマークに追加  

 <  前の記事 ハードディスクのバックアップソフトで人気の商品  |  トップページ  |  次の記事 パソコンウイルスのチェックを欠かさないのがマナー  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://buzz7.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/30290

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)