Top >  ウイルス基礎知識 >  パソコンウイルスのチェックを欠かさないのがマナー

パソコンウイルスのチェックを欠かさないのがマナー

今やパソコンは、現代人に無くてはならないものとなりました。

そんな便利なパソコンですが、気を付けていないと
ウイルスによって大変なことが起きてしまう恐れがあります。

感染してしまうと、データを壊したり、起動できなくさせてしまいます。


それだけならまだ自分だけの被害で済みますが、
なんと他の人のパソコンにまで迷惑をかけてしまうこともあります。

例えば、ワームにはコピーをメールし続けて範囲を拡大させる性質があります。

被害者だったのが、いつの間にか自分が加害者側になってしまった、
ということにもなりかねません。


そうならない為にも、正しい知識を持って前もって対応しておかなければいけません。

まず最低限のマナーとして、
自分のパソコンからの感染拡大を防ぐためにウイルス対策ソフトを必ず入れておきましょう。

これだけでかなりのウイルスを防げますし、定期的に最新のものに更新することで、
新しいウイルスの侵入を抑え続けることができます。

更新をしないまま放っておいては、意味がありませんから、
必ずこまめに更新するようにしましょう。


基本的にはこれでほぼ問題はないのですが、
新種のウイルスは今現在も悪質な人物によって作られ続けています。

ですから、対応が追い付いていかないのが現状です。


自分自身でも気を付けるようにして、
不信なファイルやサイトには絶対に近づかないように心がけましょう。


しかし、厄介な事にウイルスの製作者は
あの手この手で何とかしてあなたを感染させようとしてきます。


先述したワームのように、メールに添付させてファイルを開かせるものや、
エクセルのマクロなど、よく使われるソフトに忍ばせてある場合もあります。


実に巧妙な手口を使ってくるので、初心者の方は、
少しでもおかしいな怪しいなと思ったら関わらないようにして下さい。

特にビジネス用のパソコンは、ハッカー(ウィルス等を送り込む悪質な人を
特にクラッカーと呼びます)に狙われやすいため、厳重な注意が必要です。


家庭用のパソコンと違って、顧客名簿や会社の重要文書と、
絶対に外に漏れてはいけないものが入っていることが多いですからね。


万一感染してしまうと、マナー違反どころか会社の損失にもなってしまいます。


ウイルスだけではありません。

様々な罠がインターネットにはあるので、
自分が加害者にならないようマナーを守って慎重に利用しましょう。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加  

 <  前の記事 パソコンウイルスの症状とはどんなものか?  |  トップページ  |  次の記事 今すぐできるパソコンウイルスの対策方法  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://buzz7.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/30296

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)