Top >  ウイルス基礎知識 >  パソコンウイルスソフトの特徴を比較

パソコンウイルスソフトの特徴を比較

パソコンってなんでも調べられるし、
暇な時にはゲームなんかもあって遊べるから、本当に面白いですよね。

ですが、ちょっと待って下さい、それだけですか?違いますよね?

確かに色んな事が出来て便利ですが、
その反面世界中の人と繋がっているわけですから危険が伴うのも当然です。


もちろん良いマナーのユーザーがほとんです。
しかし残念ながらごく一部には悪質なユーザーもいることは事実です。

今回は、そんな悪質な人物による
ウイルス感染を防ぐ為のソフトの紹介をしたいと思います。


インターネットに接続している限り、
パソコンウィルス(コンピューターウイルス)からの被害を受ける可能性があります。

自分のパソコンを被害から守るためにも、そして他の人のパソコンへウィルスを広めない為にも、ウイルス対策ソフトをインストールしておくことが必須です。


代表的なウィルス対策ソフトとして、
有料のトレンドマイクロのウイルスバスター2010 1年版があります。

これは知名度が高いですから、多くの企業でも使われているようです。

次に、シマンテックのNorton Internet Security 2009をご紹介します。

ウイルスバスターと共に、日本ではこちらもかなりの知名度があり、
多くの方が愛用しています。


以前は年ごとにソフト自体が大きくなり、高速なCPUと容量の多いメモリを必要とするなど動作が重い傾向にありましたが、2007年版以降解消され、動作が軽くなっています。

Macintosh用アンチウイルスソフトでは世界トップシェアです。

そして、ウイルススキャンプラス with サイトアドバイザ 標準版 (マカフィー株式会社)もお勧めです 。


ワーム系のウイルスに強いとされていて、企業採用では世界トップシェアを誇ります。
この他に無料で利用できるものでは、AVG Anti-Virusやavast! antivirusがお勧めです。

ウイルスセキュリティZEROなど年次更新料不要の低価格帯ソフトもありますから、
検討してみて下さい。


これらのウィルス対策ソフトをインストールしておけば、届いたメールや、ファイルを自動的にチェックしてくれるので感染を未然に防ぐことができます。

注意点としては、インストールした後も更新を欠かさず
常に新しいものにしておくことが大切です。


ウイルスは日々進化し続けていますから、それに対応していく必要があるからです。
今回紹介したものの他にもたくさんあるので、気になる方はぜひ調べてみて下さいね。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加  

 <  前の記事 今すぐできるパソコンウイルスの対策方法  |  トップページ  |  次の記事 パソコンウイルスにPCが感染した時の対処法  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://buzz7.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/30303

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)