Top >  パソコンのバックアップ >  HDDバックアップソフトの選び方

HDDバックアップソフトの選び方

自分がどれだけ気を付けていても、
突然のトラブルでパソコン内のデータが消えてしまうなんてことがあると思います。


それが、もう二度と復元できない思い出の写真だったらどうでしょうか。
悔しくて悔しくて、たまらないと思います。

そんな事にならない為にも、いざと言う時の為にバックアップをとっておきましょう。


パソコンの「バックアップ」とは、データの写しを他に記憶保存しておくことです。
そうすることで、一度は消えてしまった写真などのデータを、元に戻すことが出来ます。

ハードディスクドライブ (Hard disk drive) は、
情報を記録、または読み出す記憶装置です。

英語表記から、HDDとも略されているので覚えておきましょう。


パソコンを使っている人なら経験があると思いますが、
デジカメの画像や動画、音楽などその他たくさんのデータを保存しておくと、
いつの間にかハードディスク(HDD)の容量が足りなくなってきて困りますよね。


実は、HDDはパソコンの部品の中で最も壊れやすく、
長く使用しているとデータを読み込めなくなってしまうんです。

ですから、そうなる前にHDDのバックアップをぜひとっておくことをお勧めします。


そのやり方はと言うと、外付けのHDDを使ってバックアップを行うと便利だと思います。

最近では、どんどん使いやすく改良されてきているようです。


記憶容量は年々大きくなってきていますし、
携帯に便利な小型のHDDなんてものも発売されています。

外付けHDDを選ぶ場合の容量は、文章作成など、
少ない容量しか必要ないデータであれば、100GBほどで十分だと思います。

動画などの容量がたくさん必要なファイルを保存、編集するのであれば、
300GB前後は必要になってくるでしょう。


これらを参考にして、保存したいデータに合わせて購入して下さい。

気になる価格ですが、
1万円~2万円あたりが容量も比較的多くお買い得になっているようです。

もしも店頭でどの商品を買えばいいのか迷った時は、店員さんに相談するか、
「バッファロー」、「IODATA」「ロジテック」の3社メーカーを選ぶのがいいと思います。

この3社は、日本HDDの大手メーカーですから、
安心して購入していただけると思います。


まだバックアップ作業をしていないという方は、急いでとりかかって下さい。
大切なデータを失ってからでは遅いですからね。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加  

 <  前の記事 パソコンバックアップをDVDでするには  |  トップページ  |  次の記事 パソコンをバックアップするフリーソフトを厳選しました  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://buzz7.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/30340

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)