Top >  パソコンのバックアップ >  パソコンのバックアップが必要なワケ

パソコンのバックアップが必要なワケ

最近では、一人に一台パソコンをもつようになってきました。

そのパソコンの中には、大切な写真や音楽、
日記などの大切なデータがいっぱい入っていると思います。

でも、その大切なデータ、本当に大丈夫ですか?
何らかの原因で消してしまったりした時の為に、きちんとバックアップしてありますか?

「バックアップ」とは、データの写しを他に記憶保存しておくことのパソコン用語です。

パソコンの故障、コンピュータウイルス感染や、
大切なデータを誤動作により消してしまったなどのトラブルが起こってからでは手遅れです。

そこで、パソコン以外に保存しておくことが必要となってくるわけです。

「バックアップ」は毎日行う必要がある、ともいわれていますから、
その大切さがお分かりいただけるかと思います。

最近では、デジタルカメラに写真を撮ってパソコンへデータを入れておくだけで、
実際に現像することは少なくなりましたよね。

もしもデータが消えてしまったら、今までの思い出がすべてなくなってしまいます。
そうならないようにする為にも、まだの人はぜひバックアップを行ってほしいと思います。

企業では業務に定期的な「バックアップ」も義務づけられており、
また、大掛かりなシステム変更の前にも、
移行時のトラブルによるデータの消失に備えているようです。

最近のOSでは、システムの安定性保持のために、
定期的・自動的に「バックアップ」しているものが増えています。

「バックアップ」の媒体としては、データの量にもよりますが、
外付けハードディスク、CD-R、DVD-R、MO、USBメモリーなどの記録メディア、
インターネットディスクサービスなどがあります。

あなたがパソコン初心者の場合は、
一番手軽なCD-RやDVD-Rにデータを保存するのが良いでしょう。

この二つの大きな違いは、CD-Rには650MBと700MBのものがあり、
文書などのデータの保存に適しています。

またDVD-Rは4.7GBもの容量があるので、
動画などのサイズの大きいファイルを保存するのに適しています。

これらは電気屋さんなどで買えますが、種類がたくさんあって迷うかもしれません。

その場合は詳しい店員さんに相談してみると、失敗もせずいいでしょう。

ただしCD-RやDVD-Rはデータの書き込まれた部分に少しでも傷が入ると、
読み込めなくなったりする場合があります。

そうなってしまっては、せっかくの作業もすべて無駄になってしまいます。
本当のトラブル阻止のためにも「バックアップ」をするべきでしょう。


 


このエントリーをはてなブックマークに追加  

 <  前の記事 無料版パソコンウイルスのソフト一覧  |  トップページ  |  次の記事 パソコンバックアップの方法を説明します  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://buzz7.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/30324

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)