Top >  パソコンのバックアップ >  パソコンバックアップの方法を説明します

パソコンバックアップの方法を説明します

現代では、パソコンはただの便利な機械なだけでなく、
日常生活に無くてはならないものとなってきました。

パソコンの普及率も上がり、多くの家庭で使われているようです。


しかし、まだまだパソコンについては詳しくない、
良く分からないといった初心者の方もたくさんいると思います。


そこで今回は、大切なデータを守るために
必要なパソコンのバックアップの方法について紹介したいと思います。


パソコンの「バックアップ」とは、作成したデータのコピーを
他に記憶保存しておく作業のパソコン用語です。

大切なデータを誤動作により消してしまった、などトラブルが起きてからでは
手遅れですから、早めに対策しておく必要があります。


では、一体どうすれば良いのか、具体的に説明していくので参考にしてみて下さい。
その方法は、いざと言うときのために、パソコン以外に保存しておくことです。


「バックアップ先」と呼ばれる媒体、つまり保存しておく場所は、外付けハードディスク、
CD-R、DVD-R、MO、USBメモリーなどの記録メディア、バックアップソフトなどです。


また最近では、インターネットディスクサービスなどもあるので、
こちらを利用するのも良いでしょう。

初心者の方だと、CD-RやDVD-Rに保存するのが
比較的簡単に行えるので良いかもしれません。

これらは何度でも書き込めるといったメリットがありますから、整理するのに便利です。


でも残念ながら、データの書き込まれた部分に
少しでも傷が入ると読み込めなくなったりする場合があります。


そうなると、せっかくのバックアップも意味がなくなってしまいます。
そこでおすすめなのが「外付けハードディスク」です。


故障のしにくさでいえば、USBメモリやシリコンディスクのほうが良いのですが、
こちらは値段がややお高め。

その点「外付けハードディスク」は容量単価が安く、
書込みも高速ですから、家庭で使うならこれで十分だと思います。


データの量にもよりますが、ファイルやフォルダを選択してバックアップする方法と、
OSをまるごとバックアップする方法があります。

もちろん後者の方が大分時間はかかりますが、
壁画やアイコン、スクリーンセーバーなど
細かい設定もすべて復元できますから安心です。


説明書を読んだとしても、やはり初心者の方が一人でやるのは難しいかもしれません。

もしも周りに詳しい人がいるのであれば、
お願いしてみるかやり方を相談してみましょう。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加  

 <  前の記事 パソコンのバックアップが必要なワケ  |  トップページ  |  次の記事 リカバリーディスクの作成の基礎知識  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://buzz7.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/30328

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)