Top >  パソコンのバックアップ >  リカバリーディスクの作成の基礎知識

リカバリーディスクの作成の基礎知識

これからパソコンをやっていこうという初心者に、
今からリカバリーディスクの作成について説明したいと思います。

この言葉、聞いたことあるでしょうか?

ちょっと聞き慣れない言葉で、何のことか想像もつかないという人も多いと思います。

リカバリーとは、パソコンを購入したときの状態に戻す作業のことを言います。
そして購入したときの状態に戻す作業の際、リカバリーディスクが必要となってきます。

このディスクには、OSやアプリケーションなどが入っており、
これらのCDやDVDのことをリカバリーディスクといいます。

つまり、パソコンのトラブルが発生した場合や調子が悪いときに、
このリカバリCDを使って、購入したときの状態に戻すことをリカバリというわけです。

メーカー製のパソコンには一般的に、リカバリCDと呼ぶCD-ROMが付属されています。
ですからあなたもおそらく、リカバリCDを持っているはずです。

ごくたまに、ついていない機種も存在するようので確認してみて下さい。
その場合、店頭では販売していないので、自分で作らなければいけません。

初心者では難しいと思うので分からない場合は、
詳しい人に聞くか、メーカーに問い合わせてみて下さい。

リカバリーディスクはパソコンを買ったときの状態に戻すだけです。
パソコンを買った直後は、自分が使いやすいようにいろいろと設定しますよね。

購入時のリカバリーディスクを使ったリカバリーでは、
それらをすべてはじめからやり直すことになります。

ですから自分のパソコン環境のバックアップ「MYリカバリーディスク」を作っておきます。

もしも、何か動作不良が起きたとき、これがあれば安心です。
またその他にも、市販のソフトを使う事も出来ます。

これらを使用すると、バックアップデータをCDRや別パーテーションのハードディスクや
ネットワーク上の別パソコンのハードディスクなどにバックアップデータの作成が可能。

パソコンの起動ディスク(通常はCドライブ)をまるごと圧縮したデータとなっています。

OSやアプリケーションソフトから、届いたメールや、デスクトップ画像など、
すべてのデータをバックアップしておくことができます。

以前と変わらないままの状態でもう一度使えるので、ぜひおすすめしたいです。

ここまで述べましたが、初心者の方にはまだまだ難しくてよく理解できないと思います。
焦らず、一つ一つゆっくり解決していって下さいね。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加  

 <  前の記事 パソコンバックアップの方法を説明します  |  トップページ  |  次の記事 評判の良いパソコンのバックアップソフト  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://buzz7.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/30331

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)