Top >  フリーソフト >  レンタルオフィスの大阪での今後の展望

レンタルオフィスの大阪での今後の展望

レンタルオフィスを借りようと考える人は、大抵は起業したてであったりすることが多いと思います。

となると、やはり初期投資は抑えたいわけですから、省スペースで問題ない事業であれば、こういったサービスを積極的に利用するのは良いことです。


もちろん、デメリットもいくつかはありますが、最初は小さく始めて収益が大きくなってから規模を広げていくのも間違ったことではありません。ただ、多くの人は共用デスクよりは個室のレンタルオフィスを求めていることだと思います。


個室といっても、天井が開いているなどのこともなく、しっかりとした鍵付きの個室バージョンのサービスを望むでしょう。


そういったレンタルオフィスになると、数が一気に少なくなり、ほとんどの所が空室ナシの状態になっていることが多いです。


料金も10万円を切るところも多々あるので、人気があるのもうなずけます。共用デスクやバーチャルオフィスであれば、結構な空きがあるんですけどね。こういった空きがあるのであれば、もっと個室の数を増やせば良いと思うのですがね。


やはり、なかなかそこまでするサービスは少ないですね。それなら、他の都市部に支店を作ろうとするところがほとんです。


東京、大阪、福岡、名古屋以外の都市部でもっとこうした個室のレンタルオフィスが増えればよいと思います。地方とはいわず、

中規模の都市でも需要はそれなりにあると思うのですがね。今は賃貸オフィスが余っていると聞くので、こうしたサービスが増えるといいと思います。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加  

 <  前の記事 PCスキルがパソコン教室の10分の1の料金で学べる  |  トップページ  |  次の記事 引越しを安い値段にするには相場を知ることから  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://buzz7.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/30372

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)